第19回 豊平館


豊平館は1880年、当初は北1条西1丁目に開拓使直属(官営)のホテルとして建設されました。



明治初期には西洋式のホテルは殆どなかったのでとても珍しく、また我が国に現存する木造ホテルとしては、最古の建物です。
明治天皇が最初の宿泊者でしたが、その後も皇族や要人の宿泊に活用されました。
宿泊料は当時の旅館の10倍だったと言われています。
1921年には公会堂も増築して、祝賀会や各種式典など札幌の発展と共に文化活動の拠点となりました。
第2次世界大戦後はアメリカ軍に接収されましたが、その後は札幌市に返還されました。


1958年、中島公園に移築され国の重要文化財にも指定されました。
現在は、創建当初の白い外壁にウルトラマリンブルーを縁取った外観に修復され、中島公園の四季と美しい調和と魅せています。
結婚式場や音楽会、各種会合等に幅広く利用されていますが、一般公開もされており、ホテル当時の様子も見学することができます。


豊平館 HP

取材場所詳細

場所:豊平館
住所:札幌市中央区中島公園1-20 地図
バナー:オフショット
最新のオフショット
最新情報
道産娘モデル大募集!
北海道に住む道産娘(どさんこ)で北海道の観光スポットを紹介してくれるモデルを大募集しています!
詳しくはこちらをご覧下さい
2016.2.16new
ぶらり北海道観光第64回 あさひかわラーメン村を公開致しました。
北海道のプロバイダー「ホッカイネット」
PR
「ぶらり横浜観光」横浜観光スポット、はじめて物語を濱っ子がご紹介!