第5回 旧手宮線

旧手宮線は、明治13年に小樽・手宮〜札幌を結ぶ北海道で最初の鉄道として開通しました。
その後、石炭から石油に移り変わや物流システムの変化もあり、昭和60年にはその役割を終え営業を終えました。

後に、市民が中心となり跡地利用について検討がなされ、市は平成10年に活用方法としての輸送系とオープンスペース系についての可能性を判断するため、事業の採算性や住民アンケート等の調査を実施し、一定の方向性を出しました。

 

既存の鉄道施設を残し、歴史性の保全を重視しながら、素朴な風景を演出しました。

また市民や観光客に親しまれるオープンスペースとして整備を行い今の形となりました。


※参考:小樽市HP

取材場所詳細

場所:旧手宮線
住所:樽市総合博物館側の市道手宮川通から南小樽駅までの延長約2,600メートルの区間

バナー:オフショット
最新のオフショット
最新情報
道産娘モデル大募集!
北海道に住む道産娘(どさんこ)で北海道の観光スポットを紹介してくれるモデルを大募集しています!
詳しくはこちらをご覧下さい
2016.2.16new
ぶらり北海道観光第64回 あさひかわラーメン村を公開致しました。
北海道のプロバイダー「ホッカイネット」
PR
「ぶらり横浜観光」横浜観光スポット、はじめて物語を濱っ子がご紹介!